営業チャンピオン
2007年トヨタ営業ナンバーワンを達成した酒井亮の
アナタの営業成績が全社でトップになる9つの攻略法とたった1つの裏技完全公開


部下を持つ立場になると、部下のフォローも大事な仕事となります。
自分の業務だけでも大変なのに、部下のフォローもしなくてはならないのは、かなり大変なことだと思います。
しかし、その部下にしっかりしたフォローをしていれば、いずれあなたを助けてくれるようになるはずです。


上司ともなれば、部下へのフォローも、大事な仕事の一部になってきます。
自分の業務だけでも忙しいのに、部下へのフォローにまで気を配らなくてはいけないなんて、管理職は面倒だと思う人が多いものです。

しかし、一人でできることには、限界があります。
時には兄や姉、親のような気持ちになって部下をフォローしていくことによって、いずれその部下は、あなたを助けてくれるようになるでしょう。

部下へのフォローというと、ミスをした時のフォローが、すぐ思い浮かぶと思います。
人間誰しも、ミスをして成長していくはずです。
だけど、そのミスが大きければ大きいほど、部下の精神的ダメージも大きくなります。
時には、上司であるあなたの管理責任が問われることもあるかもしれません。

しかし、そんな時、ミスをしたことですでにダメージを受けている部下を、やみくもに叱ってさらに精神的に追い込んだり、ミスの責任や後始末を部下だけに押し付けてしまうと、仕事へのモチベーションが下がったり、離職してしまったりするでしょう。
ミスをして困っている時にこそ、積極的に手助けをしてやり、同じミスを繰り返さないように対策を取ったり、落ち込んだ部下を励ましたりしてフォローすることで、部下との信頼関係を築くことができます。

他にも、一人暮らしの部下だったら、たまには食事に誘って、栄養のあるものを食べさせてあげたり、仕事に対する悩みや愚痴をきいてあげることも大切です。
仕事以外の接点がないと、お互いの人柄がよくわからず、コミュニケーションが取りづらかったりするでしょう。
無理強いしない範囲内で、仕事時間外の付き合いを持つことも、部下へのフォローとしては必要だと思います。

営業チャンピオン
2007年トヨタ営業ナンバーワンを達成した酒井亮の
アナタの営業成績が全社でトップになる9つの攻略法とたった1つの裏技完全公開


入社したばかりの新入社員に行う研修を、フォロー研修と言います。
フォロー研修では、新入社員の離職予防や、モチベーションの回復が期待できます。
フォロー研修には、コストが掛かってしまします。
でも、フォロー研修を行うことで、より意欲や能力の高い人材を育てることをオススメします。


フォロー研修とは、入社して半年から二年くらい経った新入社員に対して行う研修のことをいいます。
フォロー研修には、せっかく入社した新入社員の離職を予防したり、仕事への慣れや周囲の悪い先輩達の影響で落ちてしまったモチベーションを回復させる効果が、期待できるでしょう。
そのため、五月病による離職防止のために、入社後、三ヶ月くらいでフォロー研修を行うこともあるようです。

フォロー研修の内容としては、
・ビジネスマナー等の基本的なスキルの復習
・自己成長のための目標設定の仕方
・仕事を効率よく行うのに必要な時間管理のノウハウ
などを教えることが多いと思います。
新入社員が抱える悩みや疑問や不安を吐き出させ、仕事に対する意欲を高めることも、フォロー研修の重要な役割になります。

特に忙しい職場では、やや戦力になってきた新入社員が、フォロー研修を受けるために職場を空けるのが、痛手になるかもしれません。
効果的なフォロー研修は、社内で行うのは難しいため、専門の業者に依頼するための費用も馬鹿にならないでしょう。
ですが、忙しいのでしたら、尚更、仕事に対するモチベーションやスキルをあげなければ、その仕事を続けていくことすら困難になってしまいます。
与えられた業務を、惰性でこなしていくだけの社員を抱えているよりも、意欲を持って仕事をする社員がたくさんいた方が、会社の業績も上がるはずなのです。

多少のコストがかかっても、フォロー研修を行って、より意欲や能力の高い人材を育てることをオススメします。

営業チャンピオン
2007年トヨタ営業ナンバーワンを達成した酒井亮の
アナタの営業成績が全社でトップになる9つの攻略法とたった1つの裏技完全公開