営業チャンピオン
2007年トヨタ営業ナンバーワンを達成した酒井亮の
アナタの営業成績が全社でトップになる9つの攻略法とたった1つの裏技完全公開


営業フォローは、営業で成果を挙げるためには、必要なことです。
もし、複数の会社で営業フォローをしたら、どうしても先着順で有利になります。
そのため、迅速な営業フォローが必要となります。


営業フォローが上手にできないと、新規客を増やせなかったり、顧客を減らしてしまったりするでしょう。
そのため、なかなか営業の成果をあげることができません。

新規客を増やすための営業フォローとしては、ウェブサイトなどでアンケートに答えてもらったり、展示会などを開くなどして接触を持った相手に対して、後日、メールや電話・訪問で接触を図って、感触を確かめたり、飛び込み営業に行った先に、お礼のメールや電話をする、などの方法が一般的です。

ウェブサイトや展示会などのイベントをきっかけに、相手のメールアドレスや電話番号のような個人情報を得た場合は、相手の関心が薄れないうちに接触しないと、効果が上がりにくいと思います。
個人情報を残した時点が興味のマックスだとしたら、大抵の場合、その度合いは時間と共に減っていきます。

もし、複数の会社での展示会だったら、他社が先に営業フォローのメールや電話をしてしまっているかもしれません。
営業フォローが、後になればなるほど、「しつこい」「対応が面倒くさい」と思われてしまいがちなのです。
ですから、複数の会社が営業フォローした場合、先着順で有利になります。
新規客を増やすためには、迅速な営業フォローが大切だといえるでしょう。

もちろん、既存客への顧客フォローも、疎かにしてはいけません。

とは言っても、忙しい営業マンは、なかなか日々の業務の中で効率よく営業フォローができないものです。
上手に営業フォローするためには、会社ぐるみで取り組みや、円滑に営業フォローするためのシステム作りや、ツールの導入が欠かせないといえます。

TrackBack URL
⇒http://eigyou.dtiblog.com/tb.php/19-55a662d6
営業チャンピオン
2007年トヨタ営業ナンバーワンを達成した酒井亮の
アナタの営業成績が全社でトップになる9つの攻略法とたった1つの裏技完全公開