営業チャンピオン
2007年トヨタ営業ナンバーワンを達成した酒井亮の
アナタの営業成績が全社でトップになる9つの攻略法とたった1つの裏技完全公開


イベントを企画した時などでも、企画書が必要なことがあるでしょう。
実際にイベントの企画書には、どのようなことを書けば良いのでしょうか?
ちょっとイベントの企画書について、調べてみました。


イベントの企画書を作るとき、
・イベントの概要
・そのイベントの企画を立てた理由
・イベントの目的や期待する効果
・企画を実施する方法やスケジュール
などを、必要に応じて書く必要があります。

実施しようとするイベントの規模によっては、以前のイベントの企画書を踏襲するだけで済むこともあるかもしれません。
でも、大規模なイベントや新規のイベントの場合には、背景調査を充分に行い、イベントを行うことで見込めるメリットや、イベント実施に必要な経費などの資料をきちんと揃えないと、なかなか企画が通らないでしょう。

「イベントの概要」とは、イベントの内容についての、具体的な説明やそのイベントの対象者のことです。

「そのイベントの企画を立てた理由」は、イベントを行う背景や理由です。

「イベントの目的や期待する効果」は、そのイベントを行うことにより、どんなメリットがあるのかになります。

「企画を実施する方法やスケジュール」は、
・イベントの準備からイベント実施期間
・イベント終了後までにやらなくてはいけない行動のリスト
・必要な人員や機材
・イベントを実施する場所
・準備を含めたイベントの日程
などです。

本格的なイベントの企画書を書く時には、企画書全体の構成を考えることも大切です。
また、必要に応じてイメージイラストや見取り図などを用いることもあるでしょう。
外部に企画書の一部の作成を依頼したり、色々なアイディアを持ち寄って、一つの企画書を作ることもあるかもしれません。

実施しようとするイベントの規模が大きいほど、企画書に書く必要のある項目も増えていくはずです。

TrackBack URL
⇒http://eigyou.dtiblog.com/tb.php/11-99be7e94
営業チャンピオン
2007年トヨタ営業ナンバーワンを達成した酒井亮の
アナタの営業成績が全社でトップになる9つの攻略法とたった1つの裏技完全公開