営業チャンピオン
2007年トヨタ営業ナンバーワンを達成した酒井亮の
アナタの営業成績が全社でトップになる9つの攻略法とたった1つの裏技完全公開


ゲーム関連の仕事をしている人には、企画書を書く機会が多いのではないでしょうか?
また、ゲームメーカーによっては、就職試験に「ゲームの企画書」の提出を求めるところもあるようです。
例え仕事ではなく、趣味でゲームを作るのであっても、企画書はあった方が良いようです。
では、ゲームの企画書は、なぜ必要なのでしょうか?
また、どんなことをゲームの企画書に書けば良いのでしょうか?


ゲームの企画書を書く人というのは、ゲーム製作の中心となる人の場合が多いようです。

ゲームを作るためには、色々なスキルが必要になります。
また、作業の量も多いので、プレイする所要時間の長いゲームほど、たくさんの人が必要なのです。
ゲームメーカーが、プランナー(企画担当者)の採用試験をする際にも、「ゲームの企画書の提出」というのが、書類審査の課題になることがよくあるのだとか。

「島国大和のド畜生」というサイトあります。
「ゲーム企画書の書き方:新卒篇」と題した記事が掲載されていて、とても参考になります。
例え何人かが集まって趣味でゲームを作る場合であっても、どんなゲームを作るのかを製作メンバーに説明したり、そのイメージを共有したりするためには、企画書にしておいた方が分かりやすいでしょう。

ちゃんとゲームを完成させるためにも、最初の準備の段階で、アイディアを煮つめておく必要があります。
企画書も作らないで、ただなんとなくゲーム製作を始めてしまうと、ゲームが完成する前に、行き詰まる可能性が高いです。

企画書を作ることによって、色々なアイディアが出たり、整理できたりするということもあるでしょう。
面白いゲームを作るためには、例え面倒ではあっても、欠かすことの出来ない工程なのです。

ゲームの企画書を書く時には、自分だけにしかわからない企画書になってしまわないように注意してください。
長々とゲームのストーリーや設定などを書く必要はありません。
でも、そのストーリーによって伝えたいテーマと、ストーリーの最初から最後までを説明するあらすじは必要です。

ゲームの企画書は、誰が読んでもわかるように、シンプルに必要なことを書くことがポイントになります。

営業チャンピオン
2007年トヨタ営業ナンバーワンを達成した酒井亮の
アナタの営業成績が全社でトップになる9つの攻略法とたった1つの裏技完全公開


イベントを企画した時などでも、企画書が必要なことがあるでしょう。
実際にイベントの企画書には、どのようなことを書けば良いのでしょうか?
ちょっとイベントの企画書について、調べてみました。


イベントの企画書を作るとき、
・イベントの概要
・そのイベントの企画を立てた理由
・イベントの目的や期待する効果
・企画を実施する方法やスケジュール
などを、必要に応じて書く必要があります。

実施しようとするイベントの規模によっては、以前のイベントの企画書を踏襲するだけで済むこともあるかもしれません。
でも、大規模なイベントや新規のイベントの場合には、背景調査を充分に行い、イベントを行うことで見込めるメリットや、イベント実施に必要な経費などの資料をきちんと揃えないと、なかなか企画が通らないでしょう。

「イベントの概要」とは、イベントの内容についての、具体的な説明やそのイベントの対象者のことです。

「そのイベントの企画を立てた理由」は、イベントを行う背景や理由です。

「イベントの目的や期待する効果」は、そのイベントを行うことにより、どんなメリットがあるのかになります。

「企画を実施する方法やスケジュール」は、
・イベントの準備からイベント実施期間
・イベント終了後までにやらなくてはいけない行動のリスト
・必要な人員や機材
・イベントを実施する場所
・準備を含めたイベントの日程
などです。

本格的なイベントの企画書を書く時には、企画書全体の構成を考えることも大切です。
また、必要に応じてイメージイラストや見取り図などを用いることもあるでしょう。
外部に企画書の一部の作成を依頼したり、色々なアイディアを持ち寄って、一つの企画書を作ることもあるかもしれません。

実施しようとするイベントの規模が大きいほど、企画書に書く必要のある項目も増えていくはずです。

営業チャンピオン
2007年トヨタ営業ナンバーワンを達成した酒井亮の
アナタの営業成績が全社でトップになる9つの攻略法とたった1つの裏技完全公開