営業チャンピオン
2007年トヨタ営業ナンバーワンを達成した酒井亮の
アナタの営業成績が全社でトップになる9つの攻略法とたった1つの裏技完全公開


リピーターの獲得には、アフターフォローメールが欠かすことが出来ません。
リピーターの獲得は、新規客を獲得するよりは容易で、売り上げを挙げることもできます。
アフターフォローメールは、あまり費用が掛からないので、上手に利用しましょう。


一度その商品やサービスを購入してくれた顧客を、継続的なリピーターにしていくためには、アフターフォローメールは欠かせないツールです。
新規の顧客を獲得するよりも、一度その商品やサービスを購入してくれた顧客を、継続的な顧客にする方がずっと簡単で、売上(もしくは、利益)も上がります。
アフターフォローメールには、ほとんどコストもかかりません。
ですから、出さないともったいないです。

アフターフォローメールを出すタイミングとしては、
・顧客が商品やサービスを購入した直後
・半年から一年くらい経った頃
・その商品やサービスの保障期間が切れそうな(でも、修理を依頼しようと思ったら間に合うくらいの)タイミング
・使用期限があるものであれば、契約期間が切れる直前、切れた直後
などが、いいでしょう。

メルマガなども有効な手法です。
でも、2008年12月1日に施行された「改正特定電子メール法」により、事前に広告・宣伝メールを受け取ることへの同意を得られていなければ、メルマガなどの広告・宣伝メールを送れなくなったことに注意してください。
配信停止方法も、明確かつ簡単にしておく必要があります。

アフターフォローメールとして最低限送っておくべきなのは、
・商品やサービスを購入してもらったことへのお礼メール
・通信販売であれば、商品を発送する予定日や発送済み連絡と到着予定日
・商品やサービスへの満足度を確認するメール
などです。

満足度を確認するメールは、不具合や満足を得られなかったポイントなどを集め、今後、提供する商品やサービスを改善していく上でも、重要になります。

クレームをもらった場合、上手に対応することによって、より好印象を持ってもらえることも多いです。
ですから、面倒がらずに誠実に対応しましょう。

営業チャンピオン
2007年トヨタ営業ナンバーワンを達成した酒井亮の
アナタの営業成績が全社でトップになる9つの攻略法とたった1つの裏技完全公開


新規の顧客を増やすためには、見込み客フォローが大切になります。
見込み客フォローでは、押し付けではなく、自らの意思での購入意欲を高めることが必要です。
見込み客は、スケジュールを立てて、しっかりフォローするようにしましょう。


見込み客フォローと言うのは、広告やウェブサイト・折込チラシやダイレクトメールなどで集客した人達を、自社が提供する商品やサービスを購入してくれる顧客に変えるための努力のことをいいます。
見込み客フォローが、上手にできないと、新規の顧客が増えません。
また、あまり見込み客にプレッシャーを与えるようなフォローの仕方をすると、逆効果になってしまいます。
それに、無駄なコストもかかってしまいます。

見込み客フォローは、買ってくれと押し付けるのではなく、買いたいという気持ちにさせることが重要になります。
自社や自社商品(サービス)について知ってもらい、購入意欲を高めるのがポイントです。
その見込み客にとって必要な情報を提供したら、過剰にセールスせずに、タイミングを待ちましょう。
それは、例えすぐには買わなくても、事情が変わって購入することがあるからです。
そのためには、しつこくせず、忘れられない程度に接触を図る必要があります。

最近は、コストがほとんどかからないEメールが便利です。
でも、あまり頻繁に送りすぎると、迷惑メールにされて即ゴミ箱行きになってしまいます。
ですから、メールを送る内容と、頻度には気をつけてください。
セールスや割引など、相手にメリットがある内容だと、比較的読んでもらいやすいかもしれません。

せっかくコストをかけて集めた大切な見込み客です。
予め、スケジュールを立てておき、計画的にフォローしていきましょう。
提供する商品やサービスの単価が高いほど、見込み客は長い目でみて、育てるくらいの気持ちが必要だと思います。

営業チャンピオン
2007年トヨタ営業ナンバーワンを達成した酒井亮の
アナタの営業成績が全社でトップになる9つの攻略法とたった1つの裏技完全公開